忍者ブログ
異類(人間以外のキャラ)について研究報告・情報提供・談話をする集まりです。時代や地域は問いません。古典文学・絵巻・絵本・民間説話・妖怪・マンガ・アニメ・同人誌などジャンルを越境する会です。
1  2  3  4  5  6  7  8 
日時:2月24日(土)14時
会場:青山学院大学14号館14502教室
発表者:杉山和也氏

題目:ちりめん本に於ける日本昔噺と、その翻訳の諸相――『瘤取』の鬼の描写を中心として――

要旨:
ちりめん本は、印刷した和紙をちりめん状に仕立てに加工された多色刷りの絵入り本で、明治から昭和にかけて多数出版されました。
日本の風俗、伝統文化や昔話を題材にしたもので、外国人の日本みやげとしても人気があり、英語版のほか、フランス語版、ドイツ語版、スペイン語版などが出版されています。
今回は、 ちりめん本の中でも、よく知られている日本
昔噺シリーズの『瘤取』に注目し、各国語訳の鬼の描写の在り方について検討を試みたい。



(参考)スペイン語版

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1874090

来聴歓迎!

拍手

PR
星川嘉代氏
「神奈川県大磯町の左義長 一つ目小僧と火祭り」

神奈川県大磯町で毎年1月14日(当日が平日の場合、一番近い土日)に行われる小正月の祭り、「左義長」には一つ目小僧が訪れるという伝承が付随する。本発表では、左義長と一つ目小僧の関係性を追った。すると、大磯町内でも一つ目小僧の呼称・伝承の有無に始まり、コト8日との関係性を含めて考えなければならないことだということが分かった。
今後はコト8日との関連や道祖神との関わりを含めてみていくこととする。


※以上は1月27日(土)の例会発表の要旨です。
※次回は2月24日(土)14時開始。会場は青山学院大学14号館14502教室です。

拍手

日時:
1月27日(土)14時~
会場:
青山学院大学14号館(総研ビル)6階14607教室

発表者:
星川嘉代氏

題目:
神奈川県大磯町の左義長一つ目小僧と火祭り

要旨:
神奈川県大磯町の小正月行事のひとつ、左義長は近隣では珍しい大きな火祭りである。

この行事は12月8日に一つ目小僧が訪れる、という伝承から始まり、その日から本番の小正月まで細かい行事が含まれている。
本研究では、この大磯町の一つ目小僧譚と行事の関係性を詳しく追っていくこととする。


《来聴歓迎》

拍手

題目: 『画図百鬼夜行』再読
発表者: 伊藤慎吾


現在普及している翻刻本の誤りを指摘した。
詳細は下記URLに挙げておいたので、ご参照願いたい。
https://blogs.yahoo.co.jp/warszawa11045/37108153.html

拍手


日時:12月9日(土)14時
会場:國學院大學2号館2503教室
   ※いつもと違う会場です。ご注意を!



発表者: 伊藤慎吾
題目: 『画図百鬼夜行』再読
要旨:
鳥山石燕『画図百鬼夜行』シリーズは近世後期を代表する妖怪画集である。『画図百鬼夜行』『今昔画図続百鬼』『今昔百鬼拾遺』『百器徒然袋』の四部から成る。
1992年に稲田篤信・田中直日編『鳥山石燕 画図百鬼夜行』(国書刊行会)が刊行されたことで、広く普及するようになった。ついで2005年に 『鳥山石燕画 図百鬼夜行全画集』(角川ソフィア文庫)が出て、より手軽な文献として身近なものとなった。さらにウィキペディア上でもすべての項目が画像とともに立項され、現在では閲覧に非常に便利な状況となっている。
ところが、改めてこれらの翻刻・釈文と原本(ただし影印版)を照合してみると、単に誤字程度のものから本文の解釈に影響を及ぼすものまで、いささか不審のある文字が散見される。
そこで、今回は疑問に思われる部分を一覧し、個々に検討を加えていきたい。その上で参加者各位のご教示を得たい。


※どなたでもご参加可能です。よろしくご参集ください。

拍手

カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
異類の会
年齢:
9
性別:
非公開
誕生日:
2009/09/15
自己紹介:
新宿ミュンヘンで誕生。

連絡先:
gijinka☆way.ocn.ne.jp
(☆を@にかえてください)
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
異類の会 Produced by 異類の会  AD :忍者ブログ [PR]

SimpleSquare 和心 ver.2 Edit by : 飛雄