忍者ブログ
異類(人間以外のキャラ)について研究報告・情報提供・談話をする集まりです。時代や地域は問いません。古典文学・絵巻・絵本・民間説話・妖怪・マンガ・アニメ・同人誌などジャンルを越境する会です。
1  2  3  4  5 

式水下流氏・永島大輝氏
福島(いわき)・栃木の調査報告 河童・狐を中心に

永島大輝、式水下流の二人で四月に行ったいわき市の調査報告、及び永島の単独での聞き書きの報告発表である。四つのトピックから個々の視点から発表を行った。


 


①湯本豪一コレクションにおける猫鬼、魔像等いわき市由来のものに関する調査報告


 現地に行き、いわき市暮らしの伝承郷で、湯本豪一『日本の幻獣図譜』『古今妖怪纍纍』に記載されている内容を確認するとともに、魔像に関してはそれらがあったとされる「威徳院」の地域が実際に廃仏毀釈の風潮が強かった地域であったことが知れた。しかしながら、市史における廃仏毀釈の記述には威徳院と言う寺院は存在はしないと言う。話を聞き、新聞調査を行なったが、猫鬼・魔像ともに歴史的・民俗的な背景を確認することはできなかった。新聞記事の確認での取りこぼし部分など、細かい調査はできるかもしれないが、これ以上の調査は難儀であると思われる。ただし、それは調査を行った現時点での結果でしかない。今回確認できなかった歴史的・民俗的な背景が出てこないとは言い切れないので、今後の追加情報や類例のコレクションの発見などに期待したい。


 


②家伝薬として伝わる河童の膏薬等河童に関する調査報告


 ①でいわき市暮らしの伝承郷で話を聞いた際に河童の膏薬と呼ばれている家伝薬がいわき市内に存在することを伺い、実際に現地に赴いた。


 話を要約すると実際にはその家では河童の膏薬として伝わっているものではなく、祖先(三代か四代前のお祖父さん)が栃木で習得した骨接ぎの調合を持ち帰った家伝薬であると言うこと。その高い効能と川辺に家があったことから河童と結びついたのではないかと言う話を聞いた。


 『怪異・妖怪伝承データベース』より「河童 薬」で検索をかけた結果から分布と類型をまとめた。いたずらをした河童を懲罰(捕縛、腕切り)した結果、見逃してやる(解放、腕を返却)ことで、薬の調合を教わると言うケースは全国に分布している。今回の調査では河童とは関係ないと言う回答だったが、高い効果から河童の薬と見られる周囲からの見え方の違いに面白さを感じた。PCの不調にて全てを見せられなかったが、実際に薬を塗布するまでの、映像も一部公開した。


 同じくいわき市内では河童の祠を祀っている場所もあり、河童伝承がほど近くに点在することも知れた。


 和歌山でのガシャンボの足跡の話とからめ、妖怪は「不思議さを共有する」ためのものではないか、また、それは場の力によって妖怪とされたり、されなかったりするということを報告した。


 


③狐の話を中心に栃木県の調査報告


 狐の話は現在でも多く聞くことができる。栃木県内の狐の嫁入り(オトカの嫁入り、狐の嫁どり)の場所を確認した。


 オトカとは、お稲荷の音読みだろうが、なぜ狐をオトカと呼ぶかは分からないまま、そういわれていたりする。私自身、それが見えたという現地へ行ったこともないが、話を聞いて不思議さを共有していた。今回場所を確認したが、裏を返せば、実際の風景は伝承に必要ない場合がある。


 また、那須の九尾の狐伝説は「しもつかれ」の由来に関係があり、その由来譚もいくつかのバリエーションがある。録音した音源で共有した。


 「しもつかれ」は初午の食べ物であり、稲荷の祭日である、そうしたところから「しもつかれ」と九尾の狐が結びついたと考えられる。


 


④写真


 狐などが写真に写ったとされる事例を紹介し、写真も見ていただいた。一例をあげると、稲荷神社で写した写真のロウソクの火の形が狐の形になっていたという話。


 


以上の調査・報告を行った。


 


・式水まとめ


 十数年、伝承の実際の体験者あるいは体験者から直接話を聞いた人の話を聞くことは難しくなるといい続けている。確かに年が経てば立つほど、そう言った情報は得られ難くなることは間違いないが、今回永島氏に同行させていただき、まだ拾える話はあると痛感した。


 


・永島まとめ


 調査では多くの方に優しくしていただいた。これからも調査も報告もしていくのだと思う。


 無理なのはわかったうえで、調査体験を共有して一緒に考えてもらいたかった。うまくいったかはわからない。


 今回アカデミックな集まりというよりも「お化け友の会」の側面の強い集まりとなっていた(本会にはそうした側面は強くあり、広く門戸は開かれている。現に発表者たちも研究と職業は関係ない)。


 報告では、妖怪というのは「感覚を共有する」ためのものだというのを言おうとしたのだと思う。それは「恐怖」だとか「不思議」かもしれない。


 妖怪に関して「いるの いないの」という問いを避けてきたと思う(参考『妖怪談義』など)。しかし、発表を聞いてくださった方からご教示を受け、その後考えたが(参考『UMA事件クロニクル』彩図社)、UMAやUFOに顕著な「「いるの いないの」と問わせるような感覚」をメインに共有させる妖怪もいる。ガシャンボや河童は妖怪だが、時折UMA的である。今後の課題とする。


 繰り返しになるが、多くの方に優しくしていただいた。ここでお礼を述べさせていただきます。ありがとうございました。


 


(文・永島大輝/式水下流)


以上、6月30日、國學院大學にて開催された異類の会の報告でした。



 

拍手

PR
星川嘉代氏
「神奈川県大磯町の左義長 一つ目小僧と火祭り」

神奈川県大磯町で毎年1月14日(当日が平日の場合、一番近い土日)に行われる小正月の祭り、「左義長」には一つ目小僧が訪れるという伝承が付随する。本発表では、左義長と一つ目小僧の関係性を追った。すると、大磯町内でも一つ目小僧の呼称・伝承の有無に始まり、コト8日との関係性を含めて考えなければならないことだということが分かった。
今後はコト8日との関連や道祖神との関わりを含めてみていくこととする。


※以上は1月27日(土)の例会発表の要旨です。
※次回は2月24日(土)14時開始。会場は青山学院大学14号館14502教室です。

拍手

題目: 『画図百鬼夜行』再読
発表者: 伊藤慎吾


現在普及している翻刻本の誤りを指摘した。
詳細は下記URLに挙げておいたので、ご参照願いたい。
https://blogs.yahoo.co.jp/warszawa11045/37108153.html

拍手

原辰吉氏「「歩兵の髪切り」と髪切り」

 江戸期の随筆に記録された髪切りや絵画や狂歌に描かれた髪切りの表象を辿り、岡本綺堂「歩兵の髪切り」(『半七捕物帳』)・澁澤龍彦「髪切り」(『うつろ舟』)といった髪切りが登場する文学作品の分析を試みた。
 綺堂の「歩兵の髪切り」では髪切りの手触りとして「天鵞絨か獣の毛のように」という文がある。これは歌川芳藤作の浮世絵『髪切の奇談』に「恰も天鵞絨のごとくなりしとぞ」という記述を意識したものである可能性がある。また作品内で、正体不明の髪切りに対しての解釈が転移していくが、これらの解釈は江戸期の随筆に書かれているものと重複するところがある。従来の髪切りにない要素の付け加えとして、作品の最後に髪切り事件の被害者が死亡するという記述がある。これは理屈のわからない怪談を目指した綺堂の意識のあらわれであろう。
 澁澤龍彦の「髪切り」においては、髪切りが修験者のしわざであるとされる。朝川善庵『善庵随筆』や喜多村信節『嬉遊笑覧』といった随筆において髪切りの正体が修験者と示唆される部分と重複する。澁澤龍彦の「髪切り」においては、髪とそれを切られるという被害を通して、主人公であるお留伊の女性の自覚が描かれていると考えられる。
 文学作品内に描かれる怪異を、その怪異の背景を含めてテキストに還元することによって、明らかになる創作意識もあるのではないだろうか。
 今後の課題としては、映像化資料の分析、髪切りに対する細かな調査(髪切虫との関連、海外で同様の怪異があるか)等があげられた。(文・原辰吉氏)

以上、8月8日例会の要旨でした。

※次回は9月30日(土)14時開催です。

拍手

廣田龍平氏
「天狗は悪魔か天使か、はたまた妖精か――日欧翻訳実践における意味の変遷をめぐって」

 今回は「天狗は悪魔か天使か、はたまた妖精か――日欧翻訳実践における意味の変遷をめぐって」と題して、日本の知識人たちが、西洋の何を「天狗」という日本妖怪に当てはめたのか、翻訳実践の変遷を追う内容の発表を行なった。
 まず、16世紀後半~17世紀前半のキリシタン文献においては、天狗はキリスト教の「悪魔」の翻訳に用いられていたことを紹介した。「正しき教え」であるキリスト教に対抗し、また自在に天空を飛翔する悪魔たちは、仏法の敵であり、やはり翼をもって空を飛ぶ天狗と宗教的・倫理的に同一視されたのである。一方で天使のほうは「アンジョ」と音訳されるに留まった。その後、禁教とともに西洋の宗教情報はほとんど入らなくなってくる。蘭学が本格的に盛んになった18世紀末、ふたたび西洋(オランダ語)の言葉に「天狗」という訳語が割り当てられることになったが、このとき蘭学者たちが想定していたのは、悪魔ではなく天使、とくに智天使(ケルビム)のほうであった。
 なぜ彼らはキリシタンとはまったく概念的に反対の存在を用いることになったのだろうか。今回の発表では、18世紀末~19世紀前半、依然としてキリスト教の体系的な知識を得ることは困難だったが、断片的な知識を得ることは可能だったため、そこから成立したのが「天使は天狗である」という等式だったのではないか、と考えた。具体的には、天狗も天使も翼が生えており、人間のような姿をしており、超常的な力をもち、場合によって神仏との関係が前景化されることもあった。脱宗教化された天使は、倫理的な共通点ではなく、形態的・能力的な共通点から、当時やはり脱宗教化されていた天狗と比較可能な存在になったのである。
 一方、20世紀前半、浅野和三郎らの神霊主義において、天狗は(今度は)西洋の妖精と類似することが指摘されるようになるが、近代化した日本において、もはやこの意見は一般に受け入れられることはなかった。
フロアとのディスカッションにおいては、『日葡辞書』ではどのような訳語が用いられていたか、前近代の漢訳キリスト教文献ではどうなっていたか、明治初期の西洋人による翻訳ではどうだったか、といった、さまざまなコンテクストにおける「翻訳」事例へと内容を広げる質疑が交わされた。また、天狗ではなく鬼はどのように翻訳に使われたか・翻訳されたか、という観点からのコメントもあった。確かに鬼は、天狗と比較すると現代でも幅広く訳語として用いられている。この違いは何だったのだろうか。日本における「鬼」理解が大きく関わってくるだろうが、今後の検討課題である。
 翻訳を通して「異類」の理解を捉えようとする試みはこれまでほとんど行なわれてこなかったが、異文化からの視点は思わぬ発見をもたらす可能性もある。今回はおもにオランダ語との比較を行なったが、今後はほかの欧米・東アジア諸語にも視野を広げてみたいと考えている。
(文・廣田龍平氏)

次回は8月8日(火)18:30開始、武蔵大学3号館2階 院生GSルームで開催します。


拍手

カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
異類の会
年齢:
9
性別:
非公開
誕生日:
2009/09/15
自己紹介:
新宿ミュンヘンで誕生。

連絡先:
gijinka☆way.ocn.ne.jp
(☆を@にかえてください)
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
異類の会 Produced by 異類の会  AD :忍者ブログ [PR]

SimpleSquare 和心 ver.2 Edit by : 飛雄