忍者ブログ
異類(人間以外のキャラ)について研究報告・情報提供・談話をする集まりです。時代や地域は問いません。古典文学・絵巻・絵本・民間説話・妖怪・マンガ・アニメ・同人誌などジャンルを越境する会です。
1  2 
 『勧学院物語』は前半に問答という舌戦、後半に宴や歌の場面、結末に出家を持ってくるもので、およそ室町物語の作風を踏襲した江戸前期の異類物作品と評されるものだろう。また、ネーミングの趣向も典型的なものであるが、しかし謎解きの説明を本文中に加えているところに特色の一つがあった。だが、最大の特色が何かといえば、それは主人公のスズメが人間を除くおそらく動物社会の頂点にあることだろう。すなわちスズメを皇胤として諸鳥が参じ、さらにはその権威が獣、魚介類にも及んでいるのだった。
 一方、キャラクターの造形方法として、一貫して鳥獣は頭部異類型、貝は異類着装型をしている。人間が彼ら動物たちと共存する世界観のもと、これら擬人化キャラクターは存在しているわけで、このことはリアリティよりも寓話性を志向した作品であることを示すのであろう。
 またキャラクター造形の在り方から、さらに江戸前期に作られた諸作品にも視野を広げ、擬人化の造形が当時の標準的なものであることを確認し、その上で、タイやコンブ、また小雀が擬人化されていない点に注目した。鳥、魚、海藻は本来擬人化されてしかるべき対象だったからである。それがなされていないのは、すなわちタイ、コンブが食料であり、また祝儀品であること、小雀もまた食料であり、また獲物であることに要因があるだろうと考える。言い換えればキャラクターではなく、モノであったわけだ。

以上、発表者伊藤慎吾による要旨でした。

なお、本発表内容は鈴木健一編『鳥獣虫魚の文学史』第2巻(三弥井書店・近刊)に掲載予定です。
こちらもよろしくお願いします。

次回、6月例会は今月17日の予定です。

拍手

PR

第20回例会のご案内です。

日時 5月13日(金曜日) 18時30分
場所 国学院大学

※待ち合わせ場所は次の通りです。
 学術メディアセンター(図書館が入っている建物)
 1階ラウンジ
http://www.kokugakuin.ac.jp/content/000007812.pdf

伊藤慎吾
『勧学院物語』再論

スズメを頂点とする特異な世界観をもつ江戸前期の短編物語『勧学院物語』について論じる。

拍手

『勧学院物語』は『雀の草子』という別題をもつ江戸前期の短編物語である。
物語の前半は勧学院の破風から落ちた小雀をめぐる烏と蛇の争論。親雀が割り込んで小雀救済。と思いきや、猫が闖入し、親雀と争論。その勝利。スズメ、カラス、ヘビ、ネコという人里に近しい動物を主要キャラクターとして登場させて繰り広げられる言葉争いの物語となっている。
後半は小雀救出の祝いの座。歌会。そして出家という展開をみせる。
本発表ではいくつかの問題点を示した。
1 鳥の社会の秩序
雀を頂点とする鳥社会。これは雀が皇胤であることに由来する。それゆえに鳥たちに官位を授け、また繧繝縁の畳の上に座す。
2 命名
異類物ではキャラクターの名前が重要な役割を果たしている。名は体をあらわすとは異類物のキャラクターに相応しい諺である。読み手はその名前自体を興味の対象としている。一言で言うと、俳諧味を楽しんでいるということだろう。本作品においてもその点かわらない。しかし特徴的なのは、本作品では主要キャラクター―の名前の由来を明記している点である。
3 擬人化表現の型
鳥たちは頭部異類型に該当する。すなわち、頭だけが鳥であって、首から下はまったくの人間なのである。
一方、貝の仲間は首から上が異類なのではない。頭まで人間である。ところが頂に貝を被っている。まるで帽子のように。これをもって貝を擬人化したものと看做しているわけである。これを異類着装型と呼んでおきたい。貝の仲間はみなこの型で表現され、鳥の仲間はそれではなく、頭部異類型で表現されているわけだ。属するところが違うと、型も違ってくる点が興味深い。
4 擬人化と原型の違い
擬人化表現で描かれるキャラクターは親雀をはじめとして、登場するほとんどすべてといってよい。ほとんどというのは、例外があるからである。一つが小雀であり、もう一つがタイである。これは食料であること、子どもであることに要因がありそうである。
5 ポーズの流用と錯誤
ヒバリとセキレイが混用されている。キャラクター造形にあたって誤用したということか。

以上、3月31日、新宿の喫茶店で行われた第18回例会の報告です。
発表者は伊藤慎吾。

さて、次回は4月15日です。
追って掲示します。

拍手

お伽草子『伊吹童子』は酒呑童子が誕生して大江山に至るまでを描いた物語である。
伝本はいずれも絵巻物である(ただし赤木文庫旧蔵本は奈良絵本を絵巻に仕立てたもの)。
本文の系統はA類(国会図書館所蔵本他)、B類(赤木文庫旧蔵本他)の2系統に分類できる。
さて、今回新出本として紹介したものは幕末~明治大正期(恐らく近写本)の巻子本である。
しかも後半のみの残欠本である。
ところがその本文はB類本の赤木文庫本と同系統であった。
この系統はほかに個人蔵の絵巻が1巻あるが、もともと赤木文庫本のツレである。
したがって、赤木文庫本のみの孤本と言ってよいものであった。
今回、それと同系統の伝本が出てきたことは、赤木文庫本の本文(『室町時代物語大成』2所収)校訂や性格を見る上で有益であろうと考える。
本文をつぶさに比較するに、若干の異同が認められる。
また、新出本の親本もしくは祖本にあったであろう挿絵の位置(改行部分を挿絵料紙挿入箇所と判断)と異なる。
したがって両者は直接的な親子関係にあるものではなく、また姉妹関係にあるものでもないと思われる。

以上、発表者伊藤慎吾による要旨でした。

次回は2月25日18時から、国学院大学で開催します。

拍手

架蔵のお伽草子『玉藻の草紙』は現存諸本の中で確認される唯一の真字本である。
1)まず、その本文系統における位置づけについて、ごく大まかなものではあるが、見通しを立てた。
すなわち7系統(『京都大学蔵むろまちものがたり』「解題」による)のうち、1類本の赤木文庫旧蔵本や4類本の山岸文庫旧蔵本などとの類似性が強いものの、いずれの系統にも属さないことを指摘する。
2)ついで、本書が真字本であること、タイトルが「玉藻前之双紙」とあること、文明年間書写の赤木文庫本とも類似することなどから、『上井覚兼日記』にみえる真字本「玉藻前之双紙」と関係があるのではないかという推測を述べた。


以上、発表者伊藤慎吾による要旨でした。

拍手

カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 11
13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
異類の会
年齢:
8
性別:
非公開
誕生日:
2009/09/15
自己紹介:
新宿ミュンヘンで誕生。

連絡先:
gijinka☆way.ocn.ne.jp
(☆を@にかえてください)
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
異類の会 Produced by 異類の会  AD :忍者ブログ [PR]

SimpleSquare 和心 ver.2 Edit by : 飛雄