忍者ブログ
異類(人間以外のキャラ)について研究報告・情報提供・談話をする集まりです。時代や地域は問いません。古典文学・絵巻・絵本・民間説話・妖怪・マンガ・アニメ・同人誌などジャンルを越境する会です。
65  64  63  62  61  60  59  58  57  56  55 
 室町期には馬の医療に関する馬医書が多く記された。馬医書に関しては、従来獣医学史方面からの研究が盛んであったが、五行理論に基づき、症状や治療法が記される一方、呪歌も多く含むなど、人文学領域からの研究の進展が期待される。
 本発表では、内閣文庫蔵『馬傳秘抄』(写本十七冊)に収載される『安驥最要抄』を取り上げた。
 『安驥最要抄』は冒頭に五臓論について記し、それに沿った療治法を一つ書き形式にて記している。末尾には呪歌も記される。
 『安驥』『壒嚢鈔』に「小河ノ乗澄」の作として『安驥』という名の書が記されることをはじめ、馬医書の中に「小河僧正」の名が散見されること、「安西流」を称する馬医書・馬医巻物においては「小河僧正」から「安西播磨守」が相伝されたとすることなどを指摘し、室町期における『安驥』という書と「小河」に纏わる馬医秘傳の言説を想定した。
 また、内閣文庫本『馬傳秘抄』は外題と内題の乖離が甚だしく、同傾向の陽明文庫所蔵の馬医書群も含め、伝来の検討を今後の課題として挙げた。



以上、発表者大坪舞氏による要旨でした。
なお、本書について不定期に輪読会を始めました。
ご関心のある方はご一報ください。

さて、次回は来月下旬に開催します。
詳細は近々ご案内します。

拍手

PR
この記事にコメントする
名前
題名
文字色
電子手紙
ウェブサーバーの識別名
論評
合言葉   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
異類の会
年齢:
7
性別:
非公開
誕生日:
2009/09/15
自己紹介:
新宿ミュンヘンで誕生。

連絡先:
gijinka☆way.ocn.ne.jp
(☆を@にかえてください)
バーコード
ブログ内検索
P R
カウンター
異類の会 Produced by 異類の会  AD :忍者ブログ [PR]

SimpleSquare 和心 ver.2 Edit by : 飛雄